作成者別アーカイブ: album

TOK2利用時のアルバム登録失敗

多数のユーザ様よりTOK2様環境でのアルバム作成処理が失敗している報告を受けております。
契約者様の環境をお借りして調査を行い、原因を究明しましたので、ご連絡差し上げます。
一部サーバ(最近導入のサーバ)において、PHPの動作モード「safe_mode」が【有効】になっているようです。「safe_mode」が有効な環境ですと、アルバム作成時の一部フォルダ作成処理に失敗し、アルバム作成処理に失敗します。
以前に導入されたお客様の環境では、正常に動作しており、PHP動作モードの設定変更があったようです。
回避策を検討中ですが、現在の所見つかっておりません。
他レンタルサーバ様では、CGI版(TOK2様は、モジュール版)での動作設定などがあり、回避できるようなのですが、現在TOK2様では、CGI版の動作モードへの変更手順も見つかっておりません。(TOK2様への問い合わせ中)
回避策が見つかりましたら、追って連絡差し上げます。
ご迷惑をお掛けし申し訳御座いません。

広告廃止(フッター部分)

ユーザ様から要望の多かった、フッター部分の広告を廃止します。
フッター部分には、小さめのPiccy Cabinetバナーを表示させて頂きます。

本変更による、既に導入されているユーザ様の行う作業は、御座いません。

TOK2利用時の文字化け

TOK2様のレンタルサーバ利用時に文字化けする事象が数件報告されております。
現在、調査中です。
解決策が分かり次第、本ホームページで解決策をご連絡差し上げます。
おそらく、TOK2様のWEBサーバの設定だと考えております。
(問題の発生しているユーザ様のサーバの設定を見させて頂いたところ、インストール確認を行ったサーバと動作設定になっておりました)

インストール時Step3で失敗する問題の解決策

問い合わせが多数ありました、インストールウィザードStep3でエラーが発生する現象の解決策を、サポートサイトに公開しました。
設計時に想定する事の出来なかった現象であった為、適切なエラーメッセージが表示されておらず、ご迷惑をお掛けしました。
インストール時Step3でDBエラーが発生する問題の解決策

インストール時Step3でDBエラーが発生する問題の解決策

Piccy Cabinetインストール時にインストールウィザードStep3でDBエラーが発生する現象の解決策

【現象】

インストールウィザードStep2までは、正常終了し、Step3で失敗する。
Step3実行時に、以下のエラーメッセージが表示されます。

サーバ内部エラー
Error:DBコネクトに失敗しました。errorMessage=not found

Error:サーバ内部エラー(DB関係)が発生しました。

サーバ内部エラーが発生しました。

【対策】

配布しているファイル類のトップフォルダにある「default_configフォルダ」内の「config.xml」をトップフォルダーにコピーし、再度Step1からセットアップを実行して下さい。

【原因】

Step2で実行される構成定義ファイル作成(config.xml作成)が失敗しております。Step3実行時に、構成定義ファイルが存在せずDBにアクセス出来ない為、Step3が失敗しております。

開発時に想定できていないエラーケースであり、エラーメッセージが適切でなくご迷惑をお掛けし、申し訳御座いません。

ZIP形式ファイルアップロードのアルバム登録処理で失敗する

ZIP形式ファイルアップロードのアルバム登録処理で失敗

【現象】

ZIPファイル形式ファイルアップロードのアルバム登録処理を実行し、処理は終了したが写真が登録されない。(アルバム作成処理のモード設定が、【非同期処理】に設定されている)

(詳細な現象)

  • 登録したアルバム名でのアルバム作成は、終了している。
  • アルバム名に対応した画像保存フォルダにZIPファイルは、保存されている。
  • OriginalやThumbフォルダが空で、画像ファイルが存在しない。

【原因】

ZIPファイルを回答し、サムネイル作成処理、写真情報のDB登録処理が失敗している。

【対処方法】

<アルバム構成管理>-<アルバム構成管理>から「アルバム作成処理(PHP実行環境)」アルバム作成処理のモード設定を【同期処理】に設定し、アルバム作成処理を実行して下さい。通常、アルバム作成処理は、成功します。

ただし、【同期処理】だとアルバム作成処理の待ち時間が長くなるので、ユーザーに少しストレスを感じさせてしまいます。

「アルバム作成処理(PHP実行環境)」の

  • PHP実行パス(非同期処理の場合指定)
  • Nullデバイスパス(非同期処理の場合指定)

が、アルバム作成処理【非同期処理】に関係しております。設定している設定値を確認の上、【非同期処理】が動作しないかお試し下さい。

※ 【非同期処理】は、PHPがCGIモードで動作している環境では、動作しません。(多くの共有タイプレンタルサーバーでは、【非同期処理】は、動作しない事を確認しております)

さくらインターネットでの導入方法

さくらインターネット でのインストール方法

必要ファイルダウンロード

  • Piccy Cabinet本体 ダウンロードは、こちら
  • 必要PEARファイル ダウンロードは、こちら。(PEARファイルをご自身で導入される場合は、必要ありません。)

DB情報の確認

サクラの管理画面より作成を行なう。DBへのURL、ユーザID、パスワードを確認しておく。(後のインストールウィザード設定時に必要となります。)

画像保存フォルダーの作成

画像保存用のフォルダーを作成します。画像保存フォルダーは、書き込み可能なアクセス権を設定して下さい。
Ex) 画像保存フォルダー:”/image” アクセス権777 (home/xxx/image)

PEARファイルの配置(別途、PEARが利用可能なセットアップを行っている場合は、必要ありません)

ダウンロードしたPEARファイル(ZIP形式)を解凍し、サーバーに配置します。
Ex) PEARフォルダー:”/pear” アクセス権755 (home/xxx/pear)

PHPを推奨設定に変更、およびPEARライブラリにパスを設定

サクラの管理画面より【PHP設定ファイルの編集】を選択し、以下を記述し、保存を行なう。
<目的>
・最大メモリをUP
・最大POSTサイズなどをUP(大容量のアップロードをしたい場合)
・PEARのパスを通す(/home/xxx/pear)
memory_limit:Piccy Cabinet動作時の最大メモリ
post_max_size:Piccy Cabinet動作時の最大POSTサイズ
upload_max_filesize:Piccy Cabinet動作時の最大アップロードファイルサイズ
include_path:pearを配置したフォルダを指定。
※ 最大メモリ、POSTサイズなどをあまり大きくすると、他ユーザー様に迷惑となります。アルバムのアップロードの頻度を考え、他ユーザー様の迷惑にならないように設定して下さい。

<設定内容>


memory_limit = 150M
post_max_size = 150M
upload_max_filesize = 150M

include_path = ".:/home/xxx/pear"


Piccy Cabinetスクリプトファイルの配置

FTPのクライアントソフトなどを用いてファイル郡をアップロード (例:/home/xxx/album)
サクラサーバーでは、スクリプト配置フォルダーは、「755 or 705」のアクセス権が必要となります。PHPファイルは、呼出・実行権限が必要になります。
ただし、「album-key.php」は、呼出・書込・実行権限が必要になります。

ログフォルダーには、呼出・書込権限が必要となります。

Ex) スクリプト配置フォルダー:”/home/xxx/album” アクセス権「755」
PHPファイルは、実行ユーザに実行権限を与えてください。 アクセス権「755 or 705」

/home/xxx/album/album-key.phpは、実行ユーザに実行+書き込み権限を与えてください。 アクセス権「777」
ログ用フォルダー:”
/home/xxx/album/log” アクセス権「766」

インストールウィザードによる設定

スクリプトを配置したサーバーにブラウザでURLアクセスします。「http://XXXXXXXX/album/」
初回アクセス時に、インストールウィザードが表示されるので、インストールウィザードに従って、インストールを完了させてください。

※ アルバム作成モードを「同期モード」に設定する必要があります。

 



<参考>PEARライブラリのインストール

SAKURAのレンタルサーバーでは、telnetでのログインが可能です。
PEARライブラリのインストール方法を、参考情報として、掲載しておきます。

1-1 SAKURAにtelnetログイン

%telnet xxx.sakura.ne.jp

※Login Passwordを入力してログインして下さい。PuttyなどTelnetクライアントをご利用下さい。

1-2 PEARライブラリのインストールディレクトリを作成

%mkdir home/xxx/PEAR

1-3 PEARインストール用ファイルを入手

%cd home/xxx/PEAR
%wget http://go-pear.org/

※index.htmlの名前で保存される。

1-4 PEARインストール用ファイルのファイル名変更

%mv index.html go-pear.php

1-5 PEARインストーラーを用いてPEARの初期設定

%/usr/local/bin/php go-pear.php

(以下、対話式に答えてゆく)
>[Enter]
>1 (Installation prefix)
>/home/xxx/PEAR (Installation prefix)
>[Enter]
>y

1-6 必要PEARライブラリのインストール

%cd /home/xxx/PEAR/bin
%./pear config-set preferred_state beta
%./pear update-channels
%./pear install –onlyreqdeps File_Archive
%./pear install –onlyreqdeps DB
%./pear install –onlyreqdeps Auth
%./pear install –onlyreqdeps Config
%./pear install –onlyreqdeps HTTP_Download
%./pear install –onlyreqdeps XML_Serializer
%./pear install –onlyreqdeps XML_Parser
%./pear install –onlyreqdeps XML_Util
%./pear install –onlyreqdeps Archive_Zip

pear ライブラリは、home/xxx/PEAR/lib/php に保存されています。

include_pathには、「include_path = ".:/home/xxx/PEAR/lib/php"」を設定する必要があります。