PEARがインストール出来ない環境でのPEAR利用方法

レンタルサーバ(特に共有タイプのレンタルサーバ)では、PEARが導入されていないケースがあります。
(メジャーなパッケージはインストールされているが、最近のパッケージがインストールされていないケースもあります)

PEAR自体は、非常にメジャーなライブラリ集です。親切なレンタルサーバ管理会社だとインストールをお願いすれば、インストールして頂けると思います。

『PEARがインストールされていない環境におけるPEAR利用方法』
『前提条件』
includeパスの指定が出来ること。
代表的なincludeパスの指定方法として、以下3つがあります。(一応推奨順です)
○php.iniのinclude_pathを設定
○.htaccessの セクションを設定
○実行スクリプト中にini_set関数を用いてパスを設定

もし、includeパスの指定が出来ない場合は、PEARが必要なプログラムと同じフォルダーにインストールしてしまいましょう。

これらの方法は、PEAR公式サイトより推奨されていません。出来る限りPEARの提供するインストーラを用いたインストールを行ってください。

『利用手順』
1、PEARサイトより必要なパッケージをダウンロードします。(自分のWindows環境などで、PEARコマンドで必要パッケージを集めると抜けも無くなり、便利です。)
[Dependencies]とあるパッケージも依存関係にあるパッケージとなり必要になります。合わせてダウンロードして下さい。 Piccy Cabinetに必要なPEARファイル群は、こちら。(ZIPファイルを解凍後、サーバーにアップロードして下さい。)
2、ダウンロードしたファイル類を解凍し、サーバにアップロードします。
3、PEARにパスを通す設定を行います。(以下、PEARをアップロードしたフォルダを「/home/lib/PEAR」の場合で説明します。)
ケース1:php.iniのinclude_pathを設定
・Unixの場合
include_path = ".:/home/lib/PEAR"

・Windowsの場合
include_path = ".;/home/lib/PEAR"

※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。

ケース2:.htaccessの セクションを設定
・Unixの場合

php_value include_path ".:/home/lib/PEAR"

・Windowsの場合

php_value include_path ".;/home/lib/PEAR"

※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。
※ phpのバージョンに合わせて、 セクションの指定を変更して下さい。

ケース3:実行スクリプト中にini_set関数を用いてパスを設定
・Unixの場合
$path = ini_get(‘include_path’);
$path .= ":/home/lib/PEAR";
ini_set(‘include_path’, $path);

・Windowsの場合
$path = ini_get(‘include_path’);
$path .= ";/home/lib/PEAR";
ini_set(‘include_path’, $path);

※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。

以上、正式な手順でないため、実際の動作テストを十分に行い、自己責任でご利用下さい。

コメントを残す